通勤・通学中の事故に備える自転車の保険・示談交渉付き|総合保険センター

  1. HOME
  2.  > 自転車の責任保険

自転車の責任保険(個人用賠償責任保険・交通事故傷害保険)

自転車に乗る方の責任をサポート。加害者と被害者両方のリスクからガードします。

チラシはこちら

自転車通勤・通学などの申請にご利用いただける『保険契約内容確認書』が、マイページから印刷できます。インターネットでお申込みいただいた、その日から印刷することが可能です。

お子さまのいるご家庭には・・・月々の保険料をちょっとプラスするだけで、お子さまの確かな安心を補償する、こども向け総合保険プランもご用意しました。・お子さまの自転車の事故だけではなく、 日常生活のケガの補償や、通院まで補償!・賠償は支払限度額3億円までのプランをご用意!もちろん家族全員補償。※示談交渉サービス付き!・扶養者の万一への備え、育英費用補償も付いています!※こども向け総合保険は園児〜大学生まで様々なプランをご用意しております。
  • 園児総合保険:月々にすればたった333円※で小学校卒業まで!※節約コース10年間の場合
  • 小学生総合保険:月々にすればたった334円※で卒業まで!※節約コース6年間の場合
  • 中学生総合保険:月々にすればたった695円※で卒業まで!※節約コース3年間の場合
  • 高校生総合保険:月々にすればたった694円※で卒業まで!※節約コース(ひとり暮らし補償なし)3年間の場合
  • 学生のための総合保険:月々にすればたった521円※で卒業まで!※節約コース(ひとり暮らし補償なし)4年間の場合

自転車事故での、
高額の賠償判決も出ています。

埼玉県をはじめ、地方自治体の条例制定も増えており、自転車に乗る方は、保険加入が求められる時代です。

自転車での加害事故例

男子小学生が夜間、歩道と車道の区別のない道路で歩行中の女性と正面衝突。女性は意識が戻らない状態となった。

賠償額 9,521万円

男子高校生が昼間、歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性と衝突。男性に重大な障害が残った。

賠償額 9,266万円

男性が夕方下り坂をスピードを落とさず走行し、交差点で横断歩道を横断中の女性と衝突。女性はで3日後に死亡。

賠償額 6,779万円

日本損害保険協会ホームページより

こんな事故が補償されます!賠償責任も支払限度3億円(充実コース)・1億円(基本コース:免責金額1万円)まで補償!

賠償責任補償の事故例

自転車で走行中、飛び出してきた歩行者衝突してケガをさせてしまった!

スノーボードをしていて他人にぶつかってケガをさせてしまった!

友人宅パソコンを誤って落としてしまい壊してしまった!

賠償責任はご家族も補償!

賠償責任補償はご家族の皆様も補償されます!

※賠償責任補償の被保険者の範囲は次のとおりです。
①被保険者本人、②被保険者本人の配偶者、
③被保険者本人または配偶者と生計を共にする同居の親族、
④被保険者本人または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

交通事故でのケガの入院補償の事故例

歩道で走行中の自転車と接触し、ケガをしてしまった!

仕事中に交通事故にあい、ケガをしてしまった!

駅改札口内で階段を踏み外してしまい、足を骨折してしまった!

便利なクレジットカード払いで自動継続!更新忘れが無いから安心!!

うっかり更新を忘れると、いざという時に
補償が切れているなんてことも・・・
自転車の責任保険なら
そんな心配はありません!

しかも、クレジットカード払いでWEBでかんたんお手続き!
新規契約は最短で3日後から補償を開始できます!!

お手頃な保険料でしっかり補償!

自転車の責任保険は必要な補償がついてお手頃な保険料です。

1度のお支払いでしっかり補償!3ヶ月前にメールでお知らせ。自動継続で更新忘れなし!(クレジットカードによる引落とし)

賠償責任まで補償するのに、どうしてこんなにお手頃なの?

被害者になった場合と、加害者になった場合の必要な補償を考え抜いて設計しています。
ご検討中の保険があれば比べてみてください。少ないご負担で大きな安心を!

127万人※の信頼と実績!万一の時の手厚いサポートが支持されています。

総合保険センターの保険は過去29年間にわたり、延べ127万人以上の方にご加入いただきました。

総合保険センターの保険は過去29年間にわたり、
127万人(※)以上の方々にご加入いただいております。
昨年度も約5万人の方にご加入いただきました。
お手ごろな保険料で万一の時の手厚いサポートが受けられ、
大きな安心が得られることから、
継続でご契約くださる方が多いのも特徴です。
この信頼と実績こそが、総合保険センターの保険の人気の理由です。

※弊社の保険(園児総合保険・小学生総合保険・中学生総合保険・高校生総合保険・学生のための総合保険・「社会人の責任」保険など)にご加入いただいた方の合計です。